移住のお知らせ

その他

東吉野村地域おこし協力隊

2021年3月31日

東吉野村地域おこし協力隊

―地域おこし協力隊とは―

人口減少や高齢化等の進行が著しい地方において、地域外の人材を積極的に誘致し、その定住・定着を図ることで意欲ある都市住民のニーズに応えながら、地域力の維持・強化を図っていくことを目的とする総務省の取り組みです。

 

―お知らせ―

令和2年度活動報告会を開催しました。

 

―SNS―

facebookページ

instagram


 

 

―メンバー紹介―

現在(令和3年4月時点)東吉野村では、7名の地域おこし協力隊と3名のOB(集落支援員)が村へ移住し、物作りや農業に関すること等を通じて、定住と地域おこしを目指して活動をしています。

 

農業振興 吉田淳平
大阪府出身。大学卒業後、食品会社で働いた後、青年海外協力隊で2年弱、アフリカのルワンダでボランティア活動に取り組む。帰国後、東北地方の自治体で役場職員として国際関係の仕事に携わったのち、フィリピンでの仕事に従事するも、コロナ禍により帰国。「農業」と「地域に根差した仕事」をやりたいと思うようになり、農業振興の地域おこし協力隊として委嘱された。

 

セラミックアーティスト フランシス ブリベン
米国ニューメキシコ州出身。陶芸や彫刻などのセラミックアーティストとして活動。また、カリフォルニア州バークレーの陶芸教室で先生として7年以上にわたり指導した。地域色のある粘土を使い自由な造形に美を見出す日本の陶芸にひかれ移住。新たな作品づくりと、国内外から参加してもらえるワークショップを開催。今後は、古民家を改装し、陶芸を学べるセンターを作りレジデンシィ(長期滞在型)プログラムなどを開催するのが夢。 #ソーダ焼き #ソーダ窯 #ワークショップ #Residency_Program Instagram「@okuyama.house

 

木工職人 金光藍
大阪府出身。30歳を前に、木工を一生の職にしようと奈良県立高等技術専門校家具工芸科に入校。在校中、もともと山や川が好きで将来は田舎に住みたいと考えている時に東吉野村に出会う。「木工を通して地元や村外のいろんな価値観の方と交流したいです。ぜひ気軽に立ち寄ってください」 #木工作品の製作 #カヌー #ワークショップ HP「seseragi craft

 

お茶農家 服部嗣人
静岡県出身。自由に楽しくお茶づくりができる環境を求めて東吉野村へ移住。休耕地となった茶畑を復活させ、この村でしか作れないお茶、世界に一つだけのお茶を目指す。 #栽培加工 #6次産業化 #農業次世代人材 Instagram「@hiyoshinocha

 

鞄職人 長﨑大地
兵庫県出身。大学卒業後、大阪市西成区でホームレス就労支援の仕事に就く。様々な業務をする中、物作りをして人に喜んでもらうことがやりがいだと感じ、自分の好きな革で物作りをしたいと考える。2014年京都西賀茂にある(株)河本商店にて5年間、革作りを学び、教室も開く。東吉野村の自然に囲まれた環境は制作、子育て両方において理想だと思い移住を決める。 #革鞄 #田舎で子育て Instagram「@daichi.nagasaki

 

陶芸家 長﨑絢
滋賀県出身。京都の陶芸専門校で2年間学んだ後、兵庫県豊岡市出石の出石焼窯元で働く。その後、子育てをしながら、古美術品の修復、雑誌編集などの仕事を経て今に至る。土でものづくりをしたいという想いを実現するべく、また、陶芸を通して地域や人々との関わりを豊かにして暮らしていきたいと考え、家族で東吉野村に移住することを決める。 #やきもの #田舎で子育て Instagram「@aya.nagasaki

 

陶芸家 栗岡由布子
兵庫県出身。2000年秋から1年間、2003年から2019年まで渡米し、カリフォルニア州ベイ・エリアで日本語教育、茶の湯、生け花、ヨガと瞑想などの指導を行う。2015年に陶芸と出会い、翌年から本格的に作陶を始める。夢は、国内外から人が集う滞在型工房をつくること。陶芸の枠を超え、アーティストやクリエーターが集まる場所としての東吉野村を発信することに貢献したいと願っている。#ワークショップ #インバウンド #国際交流 Instagram「@okuyama.house

 

陶芸家 堀田武史
奈良県天理市出身。高校時代に陶芸と出会い、2004年から福井県で越前焼や薪窯の修行を積む。修行を終え、自身の工房を探していたところ、東吉野村の古民家を見つける。2016年5月に東吉野村地域おこし協力隊の第2期として移住。古民家の改修や薪窯を築窯。協力隊OBとなり、陶芸をとおして地域住民と村外の人が交流できる場所づくりを目指す。 #茶碗屋 #陶器制作 #陶芸教室 Instagram「@hotta.toubou

 

デザイナー 小林匠
千葉県出身。美術短大を卒業後、自身のイラスト作品の個展やデザインした商品を製作し販売。また、商品デザイナーとして会社勤務を経験した後、2014年4月に東吉野村地域おこし協力隊の第1期として移住。東吉野村のマスコットキャラクター「ひよしちゃん」のグッズやイベント紙媒体などのデザインを行う。2018年から協力隊OBとなり「小さな道の駅 ひよしのさとマルシェ」のHPなど、村内外のデザインに携わる。 #イラストレーター #フリーランスデザイナー Instagram「@takumik_k

 

移住アドバイザー 大谷彩貴
東京都出身。2014年4月に東吉野村地域おこし協力隊の第1期として移住。東吉野村を紹介するフリーペーパー「Letters」の発行や、オオカミ手作り絵本コンクールの開催とオオカミ絵本の出版など、村のPRを中心に活動。2018年から協力隊OBとなり、移住アドバイザー(集落支援員)として村の情報発信や移住相談、移住体験ツアーなどを実施。#ノマドワーカー #マルチワーカー #田舎で子育て #移住体験ツアー Instagram「@saiki4」 インタビュー記事「4つの仕事で生計を立てる4児のパパ

 

 

―お問合せ―

 

東吉野村総務企画課
TEL 0746-42-0441
E-mail soumukikaku@vill.higashiyoshino.lg.jp

 

 

 

 

最新のお知らせ