介護保険

「介護保険」
「介護サービスを利用する手順」
「介護保険料について」
「保険料を滞納すると?」
「介護サービスを利用できる人」
「施設サービスの費用のめやす」
「東吉野村介護予防・日常生活支援総合事業に関する単位数マスタデータ」
「各種申請書等様式ダウンロード」

介護保険とは

みんなが支え合う制度です。
近年、社会の高齢化が進み、介護が必要な方がだんだん増えてきており
家族だけで介護することが難しくなってきています。
みなさんが、いつまでも住みなれたまちで安心して暮らせるためのしくみが介護保険です。
40歳以上の皆さんが加入者(被保険者)として保険料を出し合い
必要に応じて介護サービスが利用できる制度です。

介護サービスを利用する手順

介護(介護予防)サービスを利用する手順を紹介します。
①申請をする

②認定調査及び主治医意見書

③審査・判定

④認定・通知

⑤ケアプランの作成

⑥介護サービス利用開始詳しくは、こちらをご覧ください。
「利用までの流れ」

介護保険料について

介護保険料は、介護保険を運営するための大切な財源です。

・65歳以上の方(第1号被保険者)の保険料

「決め方」・・保険料は基準額をもとに、所得段階別に決定します。

「基準額」・・保険料基準額(年額)=東吉野村で介護保険給付にかかる費用×65歳以上の方の負担分22%÷東吉野村の65歳以上の方の人数

「所得段階別保険料額」・・下記のとおりです。

「納め方」・・原則として、保険料は年金から納めます。ただし、年金の額により年金から天引きされる特別徴収と、納付書により納める普通徴収があります。

「特別徴収」・・年金が年額18万円以上の方は、年金の定期払いの際に、あらかじめ差し引かれます。
ただし、年度途中で65歳になられた方、年度途中で他の市区町村から転入された方、年度途中で所得段階が変更となった方などは、特別徴収にならず普通徴収になります。

「普通徴収」・・年金が年額18万円未満の方は、送付された納付書により納付していただきます。
普通徴収の方には、納め忘れのない口座振替をお勧めします。
口座振替をご希望の方は、役場住民福祉課、もしくは、振替を希望する金融機関にお申し込みください。申し込み時に、通帳の届出印が必要となりますので、ご持参ください。

・40歳以上65歳未満の方(第2号被保険者)の保険料

加入している医療保険の保険料算定方法に基づいて決められ、医療保険の保険料と合わせて納めます。

・国民健康保険に加入している方の場合
東吉野村の国民健康保険税の算定方法と同じく世帯ごとに決まります。

詳しくはこちらをご覧ください。
「国民健康保険税について」

・職場の医療保険に加入している方の場合
医療保険ごとに設定される介護保険料率と給与(標準報酬月額)および
賞与(標準賞与額)に応じて決まります。

詳しくは、お勤め先にご確認ください。

保険料を滞納すると?

災害など、特別な事情がないのに保険料の滞納が続く場合は、次のような給付制限が課せられます。
保険料は、必ず納めてください。

1年以上滞納すると・・・

利用者が、介護サービスの費用の全額を一旦自己負担し、その後、申請により保険給付分(費用の9割)が支払われます。

1年6ヶ月以上滞納すると・・・

利用者が、介護サービスの費用の全額を自己負担し、申請後も保険給付の一部または全部が一時的に差し止めとなります。なお滞納が続く場合には、差し止められた保険給付額から滞納分を控除することがあります。

2年以上滞納すると・・・

滞納期間に応じて、通常1割の利用者負担が3割に引き上げられたり、高額介護サービス費等が受けられなくなります。

介護サービスを利用できる人

・65歳以上の方(第1号被保険者)で介護が必要な方
・40歳以上65歳未満の方(第2号被保険者)で
特定疾病(がん[がん末期]、関節リウマチ、筋萎縮性側索硬化症[ALS]、
後縦靱帯骨化症、骨折を伴う骨粗鬆症、初老期における認知症、進行性核上性麻痺、
大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病[パーキンソン病関連疾患]、
脊髄小脳変性症、脊柱管狭窄症、早老症[ウェルナー症候群]、多系統萎縮症、
糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症、脳血管疾患、閉塞性動脈硬化症、
慢性閉塞性肺疾患、両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形症関節症)により介護が必要となった方

施設サービスの費用のめやす

施設サービスを利用した場合は、
①サービス費用の1割
②食費
③居住費
④日常生活費が利用者の負担となります。

食費=食材料費+調理コストに相当する費用
居住費=施設の利用代+光熱水費に相当する費用

対象施設およびサービス

介護保険3施設(特別養護老人ホーム、老人保健施設、療養型医療施設)の食費と居住費

「基準費用額(1日当たり)」
(施設における食費・居住費の平均的な費用を勘案して厚生労働大臣が決める額です。)
食費 ・・1,380円
居住費・・ユニット型個室  1,970円
ユニット型準個室 1,640円
従来型個室    1,640円
(介護老人福祉施設と短期入所生活介護は、1,150円)
多床室        370円

・低所得の人には、負担限度額が設けられます。
低所得の人の施設利用が困難とならないように、申請により所得に応じた負担限度額までを自己負担し、残りの基準費用額との差額は介護保険から給付されます。

「負担限度額(1日当たり)」

東吉野村介護予防・日常生活支援総合事業に関する単位数マスタデータ

介護保険制度の改正に伴い、予防給付サービスのうち、介護予防訪問介護と介護予防通所介護が市町村事業である地域支援事業(介護予防・日常生活支援総合事業)に移行します。居宅介護支援事業所・訪問型サービス・通所型サービスを実施している事業所につきましては、給付管理表の作成・国保連合会への請求に下記の単位数マスタが必要となりますので、ご利用ください。
サービスコード表
単位数マスタデータ(CSV:9KB)

各種申請書等様式ダウンロード

必要な様式をそれぞれダウンロードし、ご使用ください。
要介護認定・要支援認定申請書
要介護認定・要支援認定区分変更申請書
負担限度額認定申請書
高額介護サービス費等支給申請書
居宅介護(介護予防)福祉用具購入費支給申請書
居宅介護(介護予防)住宅改修申請書(工事前)
居宅介護(介護予防)住宅改修申請書(工事後)
住宅改修が必要な理由書
住宅改修承諾書
要介護認定関係資料提供申請書(事業所用)
要介護認定関係資料提供申請書(本人用)
居宅サービス計画等作成依頼(変更)届出書
委任状
お問い合わせ先
0746-42-0441 東吉野村役場住民福祉課
または 東吉野村地域包括支援センターへ