時季のお知らせ

注目情報

ツキノワグマ出没に伴う注意喚起について

2021年5月31日

令和3年5月30日午後1時頃、東吉野村大字日裏の民家近くで1m程の熊(写真)が鹿の捕獲檻にかかりました。入山の際には下記のとおり、十分に注意してください。

○クマと出会わないために
・クマ鈴やラジオなど音の出るものを携帯し、自分の存在を知らせる。
・各季節のクマの食物など、生態や行動を知ることで遭遇を避ける。
・目撃・出没情報のあったところに近づかない。
・クマの新しい痕跡(糞、食痕、爪痕など)があった際には十分気をつける。
・山林に入るときは二人以上で行動する。

○クマと出会ってしまったら
・子グマを見つけたら速やかに立ち去る。
・距離が近い場合は刺激しないよう走ったり、大声を出したりせず、クマから目を離さずにゆっくりと静かに後退する。

環境省作成パンフレット「豊かな森の生活者 クマと共存するために」
http://www.env.go.jp/nature/choju/docs/docs5/docs5-kuma.pdf

最新のお知らせ