暮らしのお知らせ

告知

健康のひろば 11月の保健事業

2019年11月1日

健康のひろば 11月の保健事業
お問い合せは住民福祉課(42-0441)

★運動普及推進員協議会からのお知らせ~健康ウォーキング~
○とき
11月6日(水)
雨天時 11月8日(金)
○コース
波瀬駅(飯高町)~和歌山街道(波瀬窯、波瀬本陣跡、波瀬神社)~波瀬ゆり館~波瀬植物園(希望者自由見学)~波瀬駅 約6km
○参加費
無料(※ただし、波瀬植物園に入園する場合、別途300円必要です。)
○集合
午前9時 役場庁舎前
○持ち物
弁当、飲み物、タオル、敷物、雨具等
○お申し込み
5日(火)までに住民福祉課へ
(当日参加も可ですが、当日の午前9時までに役場に連絡をお願いします。)
※役場から現地まで、自家用車あるいは乗合で行きます。ご協力をお願いします。
雨天の場合は、当日の朝7時に防災行政放送で連絡し、8日(金)に延期します。

★子育てサロン(ぴよぴよサークル)
少し早いですがクリスマスバージョンで寝相アートをします。年賀状に使えるかも?
○とき
11月 7日(木) 9時30分~11時30分
11月20日(水)13時30分~15時30分
○対象
就学前の子どもと保護者、保護者のみの参加も可
○内容
寝相アート(ご家庭にある方はクリスマスグッズを持参してください。)
○ところ
大字小 村奉仕活動リハビリセンター
○お申し込み
5日(火)までに住民福祉課へ

★ボランティア協議会からのお知らせ
11月のお弁当日は 12日(火)、13日(水)です。
申し込み〆切 8日(金)
数の最終変更 9日(土)
<献立>五目ご飯・豚肉の野菜炒め・アジフライ・おでん・サラダ・フルーツ

【お申し込み・お問い合わせ】
43-0031

★乳幼児検診
○とき
11月14日(木) 受付 13時30分~14時
○ところ
役場3階会議室
○対象
・乳児健診
生後3ヶ月~14ヶ月の乳児
・1歳6ヶ月児健診
H30年4月~6月生まれ
・2歳児健診
H29年10月~12月生まれ
・3歳6ヶ月児健診
H28年4月~6月生まれ
※対象者には、個別通知します
○内容
身体測定、内科診察、歯科診察、栄養・歯科・育児相談
(1歳6ヶ月児、2歳児、3歳6ヶ月児健診対象者の希望者にはフッ化塗布。)

★悩みごと相談所
今月はお休みです。
まるごとフェスティバルで臨床心理士による占いをしていただきます。ぜひお越しください。
○とき
11月16日(土)10時~16時(12時から13時までを除く。)
○ところ
東吉野村運動公園体育館(中黒)

★令和元年度
なら歯と口腔の健康づくりフェスティバル開催のお知らせ
○とき
11月17日(日) 12時~16時(予定)
○ところ
奈良県歯科医師会館(奈良市二条町2丁目9-2)
○内容
①歯科保健事業に貢献した団体および個人の顕彰
②歯科保健に関するアトラクション
③フッ化物塗布
④講演(県民公開講座)
講師:千葉すず(元オリンピック日本代表選手)
⑤がん患者に対する口腔ケア対策支援事業(県民公開講座)
講師:石橋美樹(大阪国際がんセンター歯科部長)
⑥その他歯科保健の啓発に関すること
※事前に申し込みが必要ですので、詳細は住民福祉課までお問い合わせください。

★献血の実施について
○とき
11月21日(木) 受付 10時~12時30分
○ところ
村住民ホール
○対象者
満16歳から満69歳の男女
(但し、65歳以上の方については60歳から65歳までに献血経験があること。)
○持ち物
献血手帳(手帳がない方は運転免許証など本人確認ができるもの。)

★12月1日は、「世界エイズデー」です
〈主題(キャンペーンテーマ)〉
「UPDATE! 話そう、HIV/エイズのとなりで ~検査・治療・支援~ 」

【街頭啓発】
○とき
11月29日(金)7時30分~8時30分
○ところ
JR五條駅前付近
○内 容
啓発物品の配布
HIV検査とエイズキャンペーンテーマについての啓発

【即日HIV抗体検査・エイズ相談】
○とき
<夜間検査>
12月2日(月) 17時~19時
<常設検査>
毎月第2・第4月曜日(祝休日除く)9時~11時
○ところ
吉野保健所(吉野郡下市町新住15-3)
○内容
HIV・エイズに関する相談、血液検査、結果説明
○その他
匿名・無料で受けられます。HIV検査はその日のうちに結果が分かります。
〈お問い合わせ先〉
吉野保健所 健康増進課感染症係
TEL 0747-64-8132(直通)

★子宮がん個別検診のお知らせ
11月より子宮がん検診(頸部がんのみ)が個別に医療機関で受けることができます(乳がん検診の個別検診はありません)。
子宮頸がんは、早期の段階では自覚症状が無いため、検診を受けないと見つけられません。ただ早期のうちに治療すれば、90%以上が治癒し、妊娠・出産にも大きな影響はありません。
○実施期間
令和元年11月1日~令和2年3月31日まで
○検診料金
20歳以上女性 2,000円(クーポン券対象者、生活保護受給者は無料。)
○検査方法
①医師による診察
②細胞診
大きめの綿棒で子宮の入り口を軽くこすって細胞を採取し、細胞を専門の先生が顕微鏡で異型細胞がないか確認します。
○注意事項
①生理中は受診できません。
②現在子宮に関して治療中・経過観察中の方、及び子宮がん検診後に精密検査を受診された経験のある方は、受診をされた医療機関で検診されることをお勧めします。
③2年に1度は子宮頸がん検診を受けましょう。
がん検診に関する専門家の意見としては、子宮がん検診を毎年1回または年間に複数回受診したとしても、2年に1回受診した場合と比べ、医学的なメリットは変わらないとされています。20歳を過ぎたら2年に1度、継続的に検診を受け続けることが大切です。
○個別検診実施医療機関については住民福祉課で書類発行時にご確認ください。
○受診方法
必ず住民福祉課で手続きを行ってください(村内の婦人科検診用の問診票は使用できません)。その後、医療機関に電話予約してから受診してください。
※健康ポイントカードは検診終了後、役場で押印します。受診後役場へお越しください。

最新のお知らせ