暮らしのお知らせ

その他

熱中症にご注意ください。

2018年7月10日

熱中症とは

高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調整機能がうまく働かないことにより、体内に熱がたまり、筋肉痛や大量の発汗や吐き気、倦怠感が現れ、重症になると意識障害が起こります。気温が高い、湿度が高いなどの環境条件と、体調が良くない、暑さに体がまだ慣れていないなどの個人の体調による影響が重なると、熱中症の発生が高まります。野外で活動している時だけでなく、室内で特に何もしていなくても熱中症を発症し、救急搬送されたり、死亡したりする事例が報告されています。

熱中症の症状

[軽度]   めまい・立ちくらみ・筋肉痛・汗が止まらないなど
[中度]   頭痛・吐き気・体がだるい・虚脱感など
[重度]   意識がない・けいれん・高い体温である・呼びかけに対し返事がおかしい、まっすぐ歩けない、走れないなど

熱中症の予防法

・体調を整える
睡眠不足や風邪気味など、体調の悪いときは暑い日中の外出や運動は控えましょう。
・服装に注意
通気性の良い服を着て、外出時には帽子や日傘を使用しましょう。
・こまめに水分補給
「のどが渇いた」と感じたときは、すでにかなりの水分不足になっていることが多いものです。定期的に少しずつ水分を補給しましょう。特に夏場にはスポーツドリンクを飲むのがおすすめです。
・こまめに休憩
屋外での活動時には日陰等を利用してこまめに休憩

高齢者・幼児は特に注意

高齢者は温度に対する感覚が弱くなるために、室内でも熱中症になることがあります。
室内に温度計を置き、こまめに水分を補給することを心がけましょう。
幼児は体温調節機能が十分発達していないため、特に注意が必要です。
晴れた日には、地面に近いほど気温が高くなるため、幼児は大人以上に暑い環境にいます。

熱中症を疑ったとき

緊急事態であることを認識し、重症の場合は救急車を呼ぶことはもちろん、現場ですぐに身体を冷やし始めることが必要です。
①涼しい日陰やクーラーの効いた室内などへ移動する
②衣類をゆるめて休む
③身体を冷やす
氷や冷たい水でぬらすたタオルを手足に当てる。
④水分を補給する
このとき、水分だけでなく0.1パーセント程度の塩分又はスポーツドリンクを少しずつ何回にも分けて補給する。
⑤医療機関へ運ぶ

詳しくは、奈良県ホームページをご覧ください。

最新のお知らせ