暮らしのお知らせ

告知

健康のひろば 8月の保健事業

2017年8月3日

子育てサロン(ぴよぴよサークル)

[と き] 8月30日(水) 午前9時30分~11時30分
[対 象] 就学前の子どもと保護者
[内 容] 手遊びやふれあい遊び、育児に関する情報提供や情報交換、育児相談など
[ところ] 大字小 村奉仕活動リハビリセンター
※ 保護者の方だけでも大歓迎です!お気軽にご参加下さい。
初めて参加される方は、事前に住民福祉課までご連絡ください。

悩み事相談所

 こころの専門家である臨床心理士が仕事やストレス、病気、子育てや介護の悩みなど、村民の皆様のさまざまな相談に応じ、カウンセリングをしながら個人にあった具体的なアドバイスを行います。相談された内容は秘密厳守されますので、ひとりで悩まず、お気軽にご相談ください。
[と き] 8月19日(土) 午前10時~午後4時(正午から1時までを除く)
[ところ] 村住民ホール 事務室
※ 相談を希望される方は予約制ですので、事前に住民福祉課までご連絡ください。(相談者1人につき1時間、1日5名まで)

乳幼児健診(8月)

[と き] 8月24日(木) 受付:午後1時30分~2時
[ところ] 役場3階会議室

予防接種はお済みですか?

◎麻しん風しん(第2期) 
5歳以上7歳未満で小学校就学前の1年間(4/1~3/31)が対象となります。

◎日本脳炎Ⅱ期 
9歳以上13歳未満のお子さんが対象になります。
(平成17年の積極的な勧奨の差し控えにより、接種の勧奨が差し控えられたお子さんに対する接種機会の確保として、20歳未満のお子さんには定期接種の対象(無料)となります。)

◎ ジフテリア破傷風2種混合ワクチン(DT)
11歳~12歳が対象となります。
※ 対象の年齢を過ぎると、実費負担となりますので、忘れないように接種してください。いずれの予防接種も、村内・村外どちらで受けられる場合にも手続きが必要ですので接種前に住民福祉課までご連絡ください。

子宮頸がん・乳がん検診のお知らせ

 子宮がんは20~30歳代の若い女性に最も多く、乳がんは年代に関わらず女性のがんの中で最も多いがんです。早期発見と早期治療により、治癒する率が高くなりますので、定期的な検診(2年に1回)が重要です。
[と き・ところ]
 ・ 9月13日(水) 13時~14時30分・木津(木津ふれあいセンター)
 ・ 9月19日(火) 13時~14時30分・三尾(三尾区民センター)
 ・ 10月10日(火) 13時~14時30分・小川(村住民ホール)
[対象・料金・内容]
◎子宮頸がん検診
 ・ 対象:20歳以上の女性
 ・ 料金:500円
 ・ 内容:視診、内診、頸部細胞診
◎乳がん検診
 ・ 対象:40歳以上の女性
 ・ 料金:40~49歳の方
     (2方向撮影)500円    
      50歳以上の方
     (1方向撮影)500円
 ・ 内容:マンモグラフィ撮影
[持ち物] 
記入した問診票、健康手帳及び無料クーポン券(お持ちの方のみ)
※ 平成27年度に受診された方及び今年度新たにお申し込みをされた方については、問診票をお送ります。

平成29年度へき地巡回診療予定表

[と き]   9月10日(日)
[受付時間] 午前9時30 分~14時00分(正午から1時までを除く) 
[診療時間] 午前10時00分~15時00分 
[場 所]  村住民ホール
[内 容]  眼科・耳鼻咽喉科の診察・検査・相談
[検診機関] 南奈良総合医療センター
[料 金 ] 無料
[申し込み] 9月7日(木)までに住民福祉課へ 
 ※定員は40名ですので、お早めにお申し込み下さい。

睡眠と健康の密接な関係

 寝苦しい夜が続きますが、体の不調(夏バテ)はないでしょうか。
 質の良い睡眠を得るための方法をご紹介します。

①寝る前にリラックスタイムをつくる
 好きな音楽を聴いたり、読書をしたり、アロマなどの香りで気分を落ち着かせるのも効果的です。
②入浴のタイミング
 寝付きを良くするためには、寝る2~3時間前には入浴しましょう。38℃のぬるめのお湯に30分程度入浴すると寝付きが良くなる効果が期待できます。
③無理に眠ろうとしない
 布団に入って30分たっても寝付けない場合は一度寝室から出て気分転換をしましょう。
④寝室の明るさ・照明の色
 照明が明るすぎると光の覚醒作用により眠りが妨げられます。暖色系の照明を使うと良いでしょう。就寝前にスマートフォン・パソコンの使用も控えましょう。
⑤適切な室温を保つ
 寝室の温度は夏では26℃前後、湿度は50%前後が最適とされています。クーラーはタイマーをセットしてから寝ましょう。

 冷たい飲み物は、飲み過ぎると体を内側から冷やし、体調不良の原因ともなります。夏でもできるだけ温かい物や常温で飲むようにしましょう。また、消化がよくバランスのよい食生活とともに、適度な運動(涼しい時間の散歩)を心がけましょう。

最新のお知らせ